自由生活を目指すブログ

内向型アラサー会社員が経済的・精神的自由を目指すブログ 株式投資・書評を中心に記録します

日揮ホールディングス買い増し

コロナウィルスの影響により、市場は大きく下落し、ニュースでも悲観的なものが多く見られます。

 

神戸のクルーズ船を運行している会社が破綻したり、大手旅行会社のHISも業績予想を従来の110億円から、10億円の赤字に修正しました。

全国の観光地もかつてないほど閑散としているとか。

中国の工場がストップした影響で、さまざまな製品の生産が遅れているとか。いつリングフィットアドベンチャー買えるのでしょう。

 

どんどん経済的ダメージが大きくなっていきます。

 

 

株価も昨日は日経平均がプラスでしたが、今日はマイナス。数週間前と比較すると小さな数字が並んでいます。

私のポートフォリオも大ダメージ。

こんなときにできることといえば、株を買い企業を応援することぐらいですね。とても微力ですが。

 

ということで、投資対象を探しているのですが、 

まずは、元々保有している日揮ホールディングスを買い増ししました。

 

 

日揮ホールディングスが有望だと思う理由は、

1.財務基盤が健全で多額の現金を保有している

2.受注残高と受注高が大きい

3.業界の見通しが明るい

 

 

まず、

1.財務基盤が健全で多額の現金を保有している

について

 

最新の決算短信貸借対照表から

(流動資産)−(負債合計)=310,603(百万円)

これを期中平均株式数で割ると

1230円となります。

私は実際には、もう少し細かい計算をしていますが、

借金を全額返した後でも1株当たり、1230円の現金同等物が残る。ということです。

しかも、これはJVが持つ現預金残高の日揮持分1,499億円を含んでいません。

 

2.受注残高と受注高が大きい

最新の決算資料の数字では、受注残高は10,232億円あります。大体間近の売上高の2年分になります。

さらに、今期の受注高を8,000億円と予想しており、内1,275億円は確定しています。

予想と確定の差が大きいですが、モザンビークの大型案件(たしか4,000億円程)の受注が内定しています。

 

3.業界の見通しが明るい

決算短信や決算説明会資料に、業界の見通しに対する前向きなコメントが見られます。

中国や東南アジアを中心にLNG需要が高まっており、世界中で新たな大型投資が増えています。

LNGは埋蔵量が多く、石油などに比べて広く分布しており、発電コストが低く、さらにクリーン。

 

また、キャッシュフローが改善してきたことにより、自社株買いを検討しているようです。

 

 

以上の理由から、この投資が失敗に終わる可能性は極めて低いと考えています。

 

あくまで私個人の見解ですので、

投資は自己責任でお願いします。