自由生活を目指すブログ

内向型アラサー会社員が経済的・精神的自由を目指すブログ 株式投資・書評を中心に記録します

どんなときもwifi

私のスマホの契約は、所謂格安simです。

DMMmobileなのですが、DMMは事業撤退し、今は既存ユーザーのサービス継続のみで、新規契約できないようです。

通信量は1ギガで、基本料金は税抜1,260円。通話料を入れても料金は毎月2,000円以下です。

格安simは手軽に大きな節約ができるためおすすめですが、未だに不必要に3大キャリアで契約している人が多いと感じています。

「毎月2,000円以下」言うとよく驚かれますが、「安いのはうらやましいけど、1ギガは無理」と言われます。

 

しかし、私にとってこの1ギガの通信量は非常用で、普段はどんなときもwifiを使っています。

 

f:id:kakenpelo:20200308000059j:plain

※どんなときもwifi HPより

 

どんなときもwifiは、通信量無制限でクレジットカード払いなら24ヶ月目まで、税抜3,480円で使えます。

使い始めて半年以上経ったと思います。

 

契約する前は、通信速度や安定性が不安でした。

しかし実際は、私の使い方(YouTube、スポーツ観戦、ゲーム)では基本的に問題ありませんでした。

田舎の方に行っても普通につながります。

不満な点は、たまに突然通信が途切れて、モバイルルーターを再起動しなければならないことと、荷物が1つ増えることぐらいです。

荷物が増えると言っても、端末はスマホより小さく軽いので大したことありません。バッテリーはよく持ち、使用中も少し熱を持つぐらいです。

 

 

そんなどんなときもwifiですが、先月末に一週間ほど通信の不具合がありました。

端末を再起動させても、パソコンもスマホも繋がらないのでとても困っていました。ネットが使えないと暇で、ネットに依存していることを再認識させられました。

不具合の期間は、やることがないので睡眠時間が長くなりました。むしろ感謝すべきかも。

 

格安simで高速通信無しのプランも考えていたのですが、1ギガの契約にしておいてよかったです。役に立ちました。

 

今月始めには不具合が復旧し、今では以前のように問題なく使えています。

どんなときもwifiは、この大規模な不具合の保証として2つの選択肢を用意してくれました。

①翌月の通信量をタダにする

②契約解除の際の違約金を免除

 

私は①を選びました。

再びちゃんと繋がるようになってくれればいいですし、他社は料金が高かったり、3日間で10ギガの通信量制限があるので、どんなときもwifiが私にとってベストです。

 

私のようなハードな使い方をしない人にとっては、おすすめの選択肢です。