自由生活を目指すブログ

内向型アラサー会社員が経済的・精神的自由を目指すブログ 株式投資・書評を中心に記録します

暴落で平常心は頭がおかしい?

今日も日本市場は大暴落。

米国市場ではサーキットブレーカーという、すごそうなカタカナが一週間に二度も登場しました。

 

皆さんバタバタキリキリしているようです。

やばいやばいって言っていますね。

 

私はというと、

まったくのストレスフリー。自分でも不思議なくらい。

それは自分が天才で、暴落を回避できたわけではありません。もちろんダメージはもろに食らっています。

トータルでプラマイゼロぐらいでしょうか。

もう少しで、これまで積み上げてきた利益が無くなります。

 

なのにストレスフリー。本当に不思議です。

もう自分で自分を疑います。

自分はやばいやつなのか。と。

 

 

 

しかし、自問自答を繰り返して頭の中に浮かんでくるのは、これまで読み学んできたことです。

それが私に、将来の株式投資の成功を確信させるのです。

 

 

ウォーレン・バフェットやジェレミー・シーゲル、ピーター・リンチ、ジョン・ボーグル、他にもたくさんの偉人から学びました。

 

自分がやばいやつなのではなく、ただ根拠なく楽観視している訳でなく、

お金とは何か。株式とは何か。投資とは何か。

これをよく考え、自分が自分の考えに納得しているから、ストレスフリーでいられるのです。

この荒れた状況下でも、資金を投入できるのです。

 

 

しっかりと学び納得していなければ、暴落で損失を出し、資金を引き上げ退場することになります。

学ばずして成功できるほど世の中甘くないと思うのですが、

 

数年後に振り返れば、

今は絶好のチャンスだった

と思うことになっているかもしれません。