自由生活を目指すブログ

アラサー会社員が経済的・精神的自由を目指すブログ 株式投資・シンプルライフを中心に記録します

全世帯にマスク2枚の意味

報道がでた途端、かなり炎上した「マスク2枚問題」

やることなすこと炎上してかわいそうです。

民主主義だし、みんなで選んだ人なんだから文句ばっか言うんだったら、選挙で違う人に投票するか自分が立候補すればいいのに。と思います。

大変なときなんだし、応援してあげた方がいいのではないでしょうか。

 

 

直感で批難するのではなく、科学的根拠を基に全世帯にマスクを配るのは、正しいことなのか、考えようと思います。

 

 

 

日本では、年中マスクをつけているマスク信者の人がいれば、逆にマスクなんて意味がないと思っている人もいます。

私は、(どちらかといえば)後者です。

ウィルスはめちゃくちゃ小さいので、マスクなんかで防げないと思っています。

私の大学時代の教授は、「マスクなんてサッカーゴールにパチンコ玉投げてるようなもんだよ!ウィルス入って来れないぐらいになったら、息できないかもね!」と言っていました。

 

 

www3.nhk.or.jp

こちらのニュースによると、WHOも「一般向けのマスクを着けても感染を予防できる根拠はない」としていますが、「他の人にうつさないためには効果がある」と見解を示したそうです。

しかし、実際は感染者全員を特定し、マスクをつけさせるのは不可能なので、

政府が行う「感染者とか関係なく、全員にマスクつけさせよう」というのは、良い作戦かもしれません。

 

 

 

また、こちらの記事によると

咳やくしゃみをした際に、霧状の水滴が発生します。この飛まつは、せきで6メートル、くしゃみで8メートル飛ぶそうです。

ソーシャルディスタンスと言われる、「2メートル離れる」では不十分だそうです。

また、「一度マスクをつけた後、喫煙や食事のために外すのは良くない。」とのことで、

予防のためには、「ずっと同じマスクをつけ続ける」か、「こまめに取り替える」ことで、効果を発揮するらしい。

 

 

要するに、

「現実的に考えて、予防のためにマスクは効果なし」

ただし、

「他人にうつさないように、マスクしたほうが良い」

「政府はいい仕事をしたかもしれない」