自由生活を目指すブログ

アラサー会社員が経済的・精神的自由を目指すブログ 株式投資・シンプルライフを中心に記録します

東映アニメーションから配当金

業績好調の東映アニメーションから配当金をいただきました。

配当金が連日入金され、うれしい限りです。

業績が好調なようで、特にドラゴンボールが欧米中で大人気。

アニメの他、アプリゲームのライセンス収入がかなり大きい。

 

ドラゴンボールの他にもたくさんの作品があり、ワンピース、プリキュアなどが売り上げ上位です。

しかし海外で成功しているのは、ドラゴンボールとワンピースぐらいですね。

国内では、聖闘士星矢デジモンやおしりたんていも人気があります。

最近本屋に行くと、おしりたんていの本がたくさん置いてあります。

現在公開中の映画デジモンアドベンチャーは、私の世代は皆少年のころ、日曜の朝熱狂していました。

未だに主題歌を聞くとテンションがすごいことになります。

主題歌のイントロだけで子供のころを思い出す、というひとは少なくないでしょう。

アニメは、子供から大人まで、生活そして人生に強く根付いたコンテンツです。

多くの人の生活になくてはならない存在です。

 

事業は安定して利益を上げており、コロナの流行があっても心配していません。

コロナウイルスが蔓延しても、悟空やルフィは感染しないので、ほかの業種ほどダメージはないと予想しています。

むしろ在宅時間が増えて、アニメを見たりゲームをする時間が増えてるようです。

実際にニンテンドースイッチが品薄になったり、モバイルwifi各社が通信障害に陥ったり、新規契約受付停止をしています。

アプリゲームの課金なんかすごいことになっているかもしれません。

 

東映アニメーションは、私にとって理想的な商品を扱っている企業です。

ドラゴンボールやワンピースは長年世界中で人気があり、ほかの企業にマネされることはありません。

唯一無二の商品を売ることができる企業です。

そのような企業は価格競争をする必要がなく、十分な利幅を確保することができます。

他のアニメより高い値段でも、みんな喜んで買ってくれるのです。

ディズニーランドの入場料に似てますね。

利益率が高いことが、それを表しています。

 

www.kakenpelo-blog.com

来年の業績予想はかなり低めになっています。

純利益は4割弱減少するとの予想です。

心配になってしまいそうな数字です。

しかし、東映アニメーションは業績予想が控えめな傾向があります。

何期も続けて上方修正をしています。

私は仮に予想通りであったとしても、それほど悲観する内容ではないと思います。

新作映画やゲームの発売時期の関係で、多少業績に波ができるのは仕方のないことです。

コンテンツが人気であり続ける限り、短期的な業績は気にしません。

 株価は少々高いようにも感じますが、お気に入りの銘柄なので当面ホールド予定です。

コロナショックで3000円台になったときに、少し買い増ししたのですが、もっと買っておけばよかった